structure of sessile

骨董屋さんでフジツボのついた蛸壺を買った。
フジツボなどの固着動物は空いているスペースを探すと付着し仲間を増やすことで覆いかぶさり一体化することで新しい外皮を制作する。この新しい外皮の立体的なパターンはコントロール不能であることの美しさがある。  鋳物の工場に行った時に見た鋳造するための外枠を見たときに似た感覚を覚えた。 セラミックが何層にも覆いかぶさることで角が丸まり、砂と混ざることでいびつな凹凸が生まれ新しい外皮を形成していた。 structure of sessile(固着の構造)は人の手でつくられる中身とコントロール不能の外皮に委ねられることで出来上がります。